【YouTube】動画投稿数50本に達したアナリティクスを公開。悲報です

こんにちは。サナギーマンといいます。
趣味で始めたキャンプや車中泊のブログを運営しており、YouTube投稿もしています。
これまで続けてきたYouTubeの動画投稿数がついに50本に達しました。
よくYouTubeを伸ばすなら最低動画50本以上とか100本以上とか言っているのを聞きますが50本に達した記念に現在の僕のYouTubeアナリティクスを公開します。
YouTube投稿を頑張ってる方に少しでも参考になれば嬉しいです。

 

あわせて読みたい

 

目次
僕のYouTube投稿ジャンルと投稿頻度
動画投稿数50本に達したアナリティクス
動画投稿数が増えることによってチャンネルは伸びるのか?
まとめ

 

僕のYouTube投稿ジャンルと投稿頻度

僕が投稿しているジャンルはキャンプ/車中泊のアウトドア系になります。(性格はインドア系です。)
初投稿は21/5月です。22/7月現在でYouTube歴14か月になります。

現在のチャンネル登録者数は・・・

181人(ワー-😍)

登録者数を1人増やすことがこんなに大変なんて・・・
始めた当初は登録者数10人でも気が遠く感じました。
このあたりはYouTube投稿している多くの方からも共感してもらえるんじゃないかと思います。

そして、
動画の投稿数がついに50本に達しました。

キャンプ動画:9本
車中泊動画:35本
Shorts動画:6本

14か月で50本ということは1カ月に3~4本ペース、1週間に1本も投稿できてないのでかなりスローペースだと思うかもしれませんが、アウトドア系のジャンルだと実際にキャンプや車中泊を行いその様子を動画にして投稿するケースがほとんどですので毎週毎週キャンプや車中泊を続けるのはなかなか難しくこのジャンルとしては平均的かと思えます。

 

動画投稿数50本に達したアナリティクス

それでは動画投稿数50本に達したアナリティクスを見てみたいと思います。

チャンネル動画再生数の推移

下のグラフは1日あたりの動画の総再生数です。
チャンネルに動画が10本の時は10本の動画の再生数の合計、チャンネルに動画が30本の時は30本の動画の再生数の合計ということです。

総再生数の推移

動画投稿10本の頃から動画本数を増やしていっても総再生数は一向に増えていく気配はありませんでした。
むしろ始めた時より減ってます。
動画の投稿数が増えているのに総再生数が増えないということは1本あたりの再生数は段々減っているという事でしょうか?

下のグラフは何本かの動画ごとの再生数の推移です。

コンテンツごとの動画再生推移

どの動画も一定期間が過ぎるとほとんど再生はされなくなっています。
これでは何十本、何百本投稿しても総再生数が増えるはずがありませんね。
動画投稿から一定期間後に再生数があがらなくなるというのは他の人気チャンネルを見ても、ほぼ例外なく同じ傾向にありそうです。
考えてみれば当たり前。YouTubeには次から次へと新しい動画が投稿されてるわけですから。。。

 

チャンネル登録者数の推移

下のグラフは1日あたりのチャンネル登録者です。

チャンネル登録者数の推移

動画投稿数を増やしていってもチャンネル登録者数が増えていく気配はありません。
チャンネルに動画コンテンツが多少増えたからといってチャンネル登録者が増えるほど甘くはないですね。。。

 

動画投稿数が増えることによってチャンネルは伸びるのか?

動画投稿数50本を超えた時点でのアナリティクスを見た結果、動画投稿数が増えてもチャンネルの動画総再生数、登録者数ともに増える気配は全くありませんでした。

正直、YouTube投稿を始めた頃の僕は動画投稿数が増えれば、それに多少なりとも比例してチャンネルは伸びていくものだと思っていましたが完全に甘かったです。

YouTubeは日々とてつもない数の動画があがっているので一定期間を過ぎた動画はインプレッションされなくなりますね。
つまり50本投稿しようが100本投稿しようが、単純に投稿本数が増えればチャンネルが伸びるというわけではないことは現実としてあります。

あなたがもし動画本数を増やせばチャンネルが伸びると信じて、いまYouTube投稿しているのであれば早めに考えを改めたほうがよさそうです。

 

あわせて読みたい

 

まとめ

今回は動画投稿数50本に達した時点のアナリティクスを記事にしました。
YouTubeを続けていけば、動画コンテンツの本数だけは間違いなく増えていきます。
しかし、動画本数が増えてもチャンネルが伸びるわけではないということは現実としてあります。
もし、チャンネルが伸びなくてもYouTubeを続けるメリットは充分あると思いますので自分のペースで続けるというのもひとつです。
また、YouTubeチャンネルを伸ばして収益化などを目指しているのであればそれを踏まえて戦略的にやっていく必要があるでしょう。
お互いがんばっていきましょう。

 

あわせて読みたい

劇的にではありませんが、YouTubeの再生数を伸ばすのに唯一効果のあった方法です

【YouTube】再生数を伸ばしたいならブログも絶対やっておくべき4つの理由