【茨城県車中泊キャンプ】~笠間市 にこにこキャンプ場~

2022年4月27日

今回は、茨城県笠間市のにこにこキャンプ場で車中泊したときの体験をレポートします。
凝った道具やテントを張る時間も不要で手軽にバーベキューなどを楽しめて自然を満喫できる車中泊キャンプ。でもコスパがよく、車を乗り入れできるキャンプ場は意外と少ないです。
今回訪問したにこにこキャンプ場は2021年にオープンしたばかりの本格キャンプ場で、車中泊キャンプが出来ました。

車中泊おススメ度 4.5 out of 5 stars
自然感      5 out of 5 stars
キャンプ場設備  4 out of 5 stars
コスパ      4 out of 5 stars 

※個人の感想です。。。

※この記事の動画はYou Tubeにアップしていますので興味のある方はそちらもご覧ください。

 

 

 

場所

にこにこキャンプ場は、2021年に笠間市にオープンしたばかりの本格的キャンプ場です。
キャンプ場までの道中は比較的道幅の広い一般道を進んでいきますが、キャンプ場につながる細道に入った途端急に険しい山道になり、その山道を数100Mほど進むと本格的なキャンプサイトが突如現れます。

にこにこキャンプ場の風景1

キャンプ場の入口です(ガードレールの切れ目から左へ)

にこにこキャンプ場の風景2 にこにこキャンプ場の風景3

と、いきなり険しい山道に。対向車が来ない事を祈りながら数100Mほど進むと・・

にこにこキャンプ場の風景4 にこにこキャンプ場の風景5

突如本格的なキャンプ場が現れました。

概要

にこにこキャンプ場の風景6 にこにこキャンプ場の風景7

キャンプサイトは上から段階的に設けられており、どの場所からでも山下の景色よく作られています

にこにこキャンプ場の風景8 にこにこキャンプ場の風景9

事務所はキャンプ場の中央付近にあります。事務所は24時間開放されており、オーナーさんの対応もとても親切丁寧でした。事務所の中にトイレや洗面台、コンロなどがあり自由に使用できます。トイレはウォシュレット付きの綺麗なトイレです。
また事務所の後ろにもトイレが設置されており、こちらは土足での使用が可能です。こちらもまだ作られたばかりの綺麗なトイレです。

にこにこキャンプ場の風景10 にこにこキャンプ場の風景11

事務所傍には子供を意識したどこでもドア(?)やパワースポットなどがありユニークな景観です。

にこにこキャンプ場の風景12

キャンプ場の中央付近にある事務所から下方向がオートサイトで上方向がフリーサイトという作りになってます。キャンプ場全体ではかなり広い面積ではないでしょうか。

にこにこキャンプ場の風景13 にこにこキャンプ場の風景14

今回オートサイトを利用しました。オートサイトは1段あたりを3分割して作られてますので1サイトがかなり広いスペースです。ソロキャンプでは持て余すほどスペースはありました。ちなみにオートサイト内での場所は先着順のようですがどの場所でも景色のよい作りになってます。強いて言えば事務所トイレまでの距離が気になる方は時間通りの先着したほうがよいかもしれません。

過ごし方

にこにこキャンプ場での過ごし方風景1 にこにこキャンプ場での過ごし方風景2

大自然の中、まずはまったりとお酒を飲みます。キャンプだからといって凝ったおつまみは不要。スナック菓子を持参です。また事前に漫画をまとめてレンタルしてきました。アウトドアの環境でインドアの過ごし方もアリです。

にこにこキャンプ場での過ごし方風景3

キャンプと言えば、バーベキューをやらないわけにはいかないですね。今回はトントロを炙って食べました。

にこにこキャンプ場での過ごし方風景4 にこにこキャンプ場での過ごし方風景5

たまには少しだけ手の込んだ料理っぽい事をやってみたくて今回は秋鮭を買っていきました。味噌とレモンを乗せてアルミホイルでくるんでバーベキュー台で炙り・・、とても美味しい。上出来でした。

にこにこキャンプ場での過ごし方風景6 にこにこキャンプ場での過ごし方風景7

続いてもう1品、たまねぎのコンソメスープです。たまねぎを切ってコンソメの素を入れてひたすら煮込むだけですが普段包丁なんて持たない私からするとこれでもちょっとしたチャレンジです。たまねぎもやわらかく仕上がりこちらも大成功。

にこにこキャンプ場での過ごし方風景8

最後はチキンラーメンで締めました。安定の味です。

まとめ

にこにこキャンプ場は、2021年に笠間市にオープンしたばかりの本格的キャンプ場で景観のよい立地と充分すぎるほど広いサイトでゆったりとした時間が過ごせます。ソロでもファミリーでもどちらでもおススメできます。