【車中泊用目隠し】車中泊の必需品。カーテン、サンシェードの特徴と選び方を解説

今流行りの車中泊。
この記事を見ているアナタは車中泊に興味を持っていて、始めたいと思っているのではないでしょうか。
私も毎週末ミニバンで車中泊を楽しんでいます。

車中泊をする上で目隠しは必須アイテムです。
プライベートの観点から外から丸見えとなるのは嫌ですし、防犯的な観点からも必ず目隠しは行うべきです。

車の目隠しというと、車用カーテンまたはサンシェードを使用するのが一般的ですね。
ところがこのカーテンやサンシェード、それぞれにタイプや特徴があり一長一短なんです。

今回はカーテンやサンシェードの特徴と選び方を解説します。

 

目次
カーテン、サンシェードの種類と特徴
車種専用サンシェード
吸盤式サンシェード
マグネット式カーテン

レール式カーテン
フック式カーテン
各タイプのメリットデメリット比較とおすすめ
まとめ

 

カーテン、サンシェードの種類と特徴

車用目隠しのタイプとして下記のようなタイプがあります。
・車種専用サンシェード
・吸盤式サンシェード
・マグネット式カーテン
・レール式カーテン
・フック式カーテン

サンシェードは窓枠に取り付けるタイプ、カーテンは車内内側から窓を覆うタイプのイメージです。
サンシェードだと窓の開閉ができませんが、カーテンだと窓の開閉は可能です。

あとは取り付け方に色々なタイプがあるのでそれぞれの特徴、メリットデメリットについて解説します。

車種専用サンシェード

<トヨタ ノア/ボクシー用専用サンシェード>

 
<トヨタ エスティマ用専用サンシェード>

車種専用のサンシェードというのはその車の窓形状に合わせたサンシェードのことで、どの車でも利用できるというわけではないのですがその車にとってはぴったりサイズのサンシェードです。
取り付けも窓枠へのはめ込みで隙間も少ないので取り付け性、機能性も高いです。
専用品のため以前は高額なイメージがあったのですが、最近はAmazonなどでフロント、リアのセットでも1万円以内で購入できるようなリーズナブルな商品も見られます。
ただし、車種によっては専用品という商品がない場合もありますので、自分の車種名+シェードというキーワードで検索して探してみるのがよいと思います。
もし自分の車種に合った商品が予算内で見つかれば、一番間違いのない選択になると思います。

 

吸盤式サンシェード

<吸盤式サンシェード>

色々な車への取り付けができる汎用タイプの吸盤式サンシェードです。
窓への吸盤式なので取り付けは簡単で安価な商品が多いのは良い点です。
ただし、汎用タイプのサンシェードだと窓形状にフィットせず隙間が多く出来てしまうので車中泊用としてはあまりおすすめしません。
厚みも薄いものだと日除けには効果があっても夜間の目隠しとしては不十分になることがあるので注意が必要です。

 

マグネット式カーテン

<フロントガラス用マグネット式カーテン>

 
<リアガラス用マグネット式カーテン>

色々な車への取り付けができる汎用タイプのマグネット式カーテンです。
広めの面積が確保されてるので隙間が出来づらく、取り付けもマグネット式は非常に簡単なのでグッド。
注意点としてはマグネット式の場合車種によっては内装が樹脂カバーで覆われていて金属部分の露出がなく、くっつける場所がない場合があるので購入前には自分の車をよく確認しましょう。

 

レール式カーテン

<レール式カーテン2枚セット>

色々な車への取り付けができる汎用タイプのレール式カーテンです。
一度カーテンレールを取り付けてしまえばあとは開閉するだけなので車中泊時の取り付けの手間としては一番楽ちんなタイプです。
窓の全面を覆えるので隙間も少なく、車中泊を継続的に行う場合はこのタイプがおすすめです。
ネックとしては最初のカーテンレールの取り付けが大変なこと。
両面粘着テープで固定するタイプが多いですが外れやすくビス補強などもしたほうがよく、ちょっとしたDIYです。
車の内装をいじることに抵抗がある場合や家族との共用車の場合は難しいかもしれません。

 

フック式カーテン

<フロントガラス用フック式カーテン>

<リアガラス用フック式カーテン>

色々な車への取り付けができる汎用タイプのフック式カーテンです。
私は車中泊の時、これを使用しています。
車内内装の樹脂カバーの隙間にフックをひっかけるだけなので車内のDIYは必要ありません。
窓の全面を覆えるので隙間も少ないです。
車中泊のたびにカーテンの取り付けが少し面倒なことがネックですが、慣れてしまえば5分程度で装着可能です。
汎用性も高く、比較的安価なので車中泊の初心者にはこのタイプがおすすめです。

 

各タイプのメリットデメリット比較とおすすめ

それぞれのタイプを比較してみました。

  汎用性 値段 フィット感 取付性 手軽さ 窓の開閉
車種専用サンシェード × ×
吸盤式サンシェード × ×
マグネット式カーテン
レール式カーテン ×
フック式カーテン

それぞれメリット、デメリットがあるので一概には言えませんが、以上をふまえて私がこれから車中泊を始めようと考えてる方におすすめするのはフック式カーテン、あるいは(車が対応するなら)マグネット式カーテンです。
汎用性が高く安価でお手軽な点で最初はフック式カーテン、マグネット式カーテンから試してみるのが間違いありません。
始めてみて本格的に車中泊を継続しそうであれば車内にレールを取り付けてレール式カーテンの設置にうつりましょう。
サンシェードは窓の開閉が出来ないという点が換気を必要とする車中泊に向いていませんが、上級者に進むにつれ換気扇の取り付けなどと合わせての検討も可能です。

<フロントガラス用フック式カーテン>

<リアガラス用フック式カーテン>

<フロントガラス用マグネット式カーテン>

 
<リアガラス用マグネット式カーテン>

 

まとめ

今回は車中泊で目隠しをするためのカーテンやサンシェードの特徴と選び方を解説しました。
車中泊をする上で目隠しは必須アイテムです。
プライベートの観点から外から丸見えとなるのは嫌ですし、防犯的な観点からも必ず目隠しは行うべきです。
ぜひ自分に合ったカーテンやサンシェードを見つけて安全に車中泊を楽しんでください。